Meet the people of PlayStation
by Fred Dutton

This week, we speak to Nigal Raymond, Motion Graphic Creative Director in the Worldwide Studios Creative Services Group. If you’ve ever watched a PlayStation press conference montage or a trailer for any of our first party games, chances are you’ve enjoyed the work of him and his team…

When and why did you join PlayStation?

I first joined PlayStation almost ten years ago, way back in September 2004. After finishing university I’d been working in the music industry as a designer and motion graphics artist for just under three years when I saw the opportunity to work at Sony on a music-based video game.

My previous job involved designing album covers, creating websites and animating music videos so I felt there would be a lot of overlap between the required skills and design sensibilities of my old job and this interesting new role.

After submitting my portfolio and showreel, I had two short interviews and was invited to join the (then) small and super-talented SingStar team working on their next game in the series. As the SingStar team grew in both size and success, my role and responsibilities evolved and I began creating video content for other games and exciting projects within the studio.

What exactly do you do at SCEE?

I’m now part of Sony’s Worldwide Studios Creative Services Group (CSG) where I help lead the Motion Graphics Department. I look after a small but amazingly talented team of video editors and motion graphic designers that create animated content for the WWS development teams and wider SCE marketing groups. We can work on anything and everything, ranging from game trailers and cut-scenes, to user interface designs and even the huge cinematic projections that open our press events.

What’s the best thing about your job?

Variety. My group gets to work on a lot of different projects and titles where we get to see them evolve from their earliest prototypes to final polished games. This is actually a double edged sword – when you are working on a trailer you often have to see lots of cut-scenes or gameplay capture that gives away vital plot twists or spoils the ending of a game you are really looking forward to playing!

PlayStationの舞台裏で活躍するスタッフ
フレッド ダットン

今週はモーショングラフィック・クリエイティヴディレクターのナイジャルレイモンドに話を伺います。PlayStationのプレスカンファレンス映像やファーストパーティーゲームの宣伝トレーラーを見たことがあるなら、おそらくあなたも彼率いるモーショングラフィックチームの作品を体験しているはずです

いつ、そして何故PlayStationで働き始めたのですか?

10年前の2004年9月にPlayStation に入社しました。その頃は大学卒業後、音楽業界でデザイナー・モーショングラフィックアーティストとして三年間働いており、Sonyで音楽系のゲームの作成に加わるチャンスを見つけました。

それまでの仕事では、アルバムの表紙、ウエブサイトの作成、ミュージックビデオ用のアニメーションなどが多かったので幸いなことに必要な技術とデザイン感覚をそのまま新しい仕事に移すことができました。

ポートフォリオとショーリールを提出し、二回目の面接を終えた後、才能あふれる(当時は小さな)SingStar チームに加わることに成功しました。SingStar チームの人数が増えるに連れて僕の役割と責任も次第に増え、他のプロジェクトのためにもビデオを制作し始めました。

SCEEでの仕事の内容についてもっと教えてください。

現在はソニーのWorldwide Studios Creative Services Group (CSG)の一員としてモーショングラフィック部を担当しています。彼らは才能に満ちたビデオエディターとモーショングラフィックデザイナーのチームであり、WWS制作グループとSCEマーケティングのための映像作成を行っています。我々はゲーム内のカットシーンやトレーラーからUIデザインやプレスカンファレンス用の大映像など、様々なプロジェクトに関わっています。

仕事の一番好きな面は何ですか?

多様性です。僕たちは色々なゲームやプロジェクトに関わるので、それらがプロトタイプから完成されたゲームに進化していく様を体験できます。しかしこれは諸刃の剣です 。トレーラーを作成する際には多くのカットシーンや映像キャプチャーを見なければならないので、楽しみにしていたゲームのストーリーやエンディングが台無しにされてしまうこともあります!